貸切バスの料金設定の秘密とは!?仕組みについて徹底解説|貸切バスのオンライン

貸切バスの料金設定の秘密とは!?仕組みについて徹底解説

今も昔も交通事故は絶えず増え続けています。そこで、国土交通省では、高速ツアーバス事故をはじめ、さまざまな交通事故で発生した悲惨な事例を失くす取り組みを進めています。具体的には、貸切バスの安全性や料金・運賃などの構造的な問題の改善に取り組んでおり、その一環として、平成26年4月1日から貸切バスの運賃・料金制度を一新しました。ここでは、そんな貸切バスの運賃・料金設定の秘密や仕組みについて解説していきます。

どうして貸切バスの料金制度が新しくなったの?その秘密とは?

料金制度交通業界では、これまでに悲惨な事故により悲しい思いをした方が多くみられました。今後は、少しでもそのような悲しい思いをしなくてよいような取り組みを国土交通省をはじめ各省が新たな取り組みを始めています。そのなかでも今回、貸切バスの新しい運賃・料金制度について取りあげ、その仕組みに迫ります。それでは、早速みていきましょう。

新しい貸切バスの運賃・料金設定が採用された時代背景とは?

安全交通業界をはじめとする貸切バス業界でも、交通事故は発生しています。しかし、これらの悲惨な事故をなくすための取り組みも行っています。そのなかの一つとして、貸切バスの新しい運賃・料金設定があります。この新しい取り組みは、乗客の安全に関わる費用でもある「安全コスト」を適切に反映するために導入するものです。つまり、安全コストが適切に反映された運賃・料金を収受することにより、貸切バスを運営している会社や事業所は、安全でかつ安心なサービスを提供することができます。

新しい貸切バスの運賃・料金設定とは?その仕組みとは?

予約貸切バスの新しい運賃・料金設定について流れが分からないという方も多いでしょう。ここでは、その流れについて解説していきます。まず、貸切バスを利用したいと考えているお客様のニーズとして、安全で良質なサービスを選びたいという思いが前提としてあります。そこで、安全でかつ安心が保証された貸切バスの運営会社に予約を入れます。このときに、安全コストが適切に反映された運賃・料金の支払いをすることで、より安全にサービスを受けることができるようになります。

貸切バスの新しい制度による適正な運賃料金とは?

料金貸切バスの従来の運賃、料金から安全コストを考慮した料金を上乗せすることで、安全かつ安心してお客様がサービスを受けることができるようになりました。さらに、貸切バスの運賃は、「時間制運賃」と「キロ制運賃」を合算した、「時間・キロ併用制運賃」となりました。つまり、貸切バスの料金は、深夜早朝運行や交替運転手を配置したときなどに発生します。また、標準的な運賃・料金、つまり、バス会社が運輸局へ運賃・料金を届出する際に審査を必要とされない範囲内の額は、各運輸局ごとに定められ、バス会社の繁忙・閑散期により、その範囲内となります。

貸切バスの安全コストで、お得な料金でより安全なサービスを提供する

貸切バスバス会社は、国土交通省の発布による新しい取り組みを行うとともに、乗客により安全で安心のサービスを提供しなければなりません。同時に、安全、安心なサービスを提供するために注意すべきガイドラインも発布されており、熟知しておく必要があります。乗客の安全を保証しつつ、お得な料金で利用できるような取り組みにより、バス会社の競合が寄り一層激しくなっているのも時代の流れといえるでしょう。

最後に、貸切バスの料金が新しく設定されたことで、乗客の安全がより一層重視されるようになりました。過去の悲惨な事故を二度と繰り返さないための措置であり、非常に感慨深いものがあります。今回、貸切バスの料金に安全コストが課せられていること、そして、新制度の仕組みについて解説してきました。参考になれば幸いです。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP