結婚式の送迎バスにはマイクロバスがおすすめ|貸切バスのオンライン

結婚式の送迎バスにはマイクロバスがおすすめ

貸切バスの中でも送迎目的で使われることが多いマイクロバスは結婚式にも最適です。レンタル料金がリーズナブルな上に補助席を利用した時には約27名乗れるほどの性能。
最寄り駅から式場または式場から披露宴に向かう場合の交通手段として活躍します。このような場合にマイクロバスを手配しておくと、タクシーを数台借りたり、自家用車で来ている人に乗せてもらったり、といった手間がなくなります。
今回の記事ではマイクロバスがおすすめな理由とレンタルの流れや金額について解説していきます。

結婚式の送迎にはマイクロバスがおすすめ

マイクロバス他にも送迎バスはあるのになぜマイクロバスなのかというと、前述したようにとにかくコストパフォーマンスが優れているからです。そもそもマイクロバスは簡易的な移動を目的として作られたため、座席がせまく設備も最小限なのでレンタル料金も安くなっています。

トランクルームもついていないためスーツケースのような大きな荷物を運ぶのには不向きですが、結婚式の送迎程度であれば何ら問題はありません。マイクロバスは補助席を含めると27人乗りのタイプが一般的で、それより多くの人数を運べるのは大型バスしかありません。大型バスは補助席を含めて53席のタイプが多いので乗車定員でどちらのバスを選ぶか判断すると良いでしょう。

マイクロバスのレンタル料金

レンタル料金マイクロバスのレンタル料金は1日35000〜60000円程度です。運転手付きでのレンタルでは「時間」や「走った距離」に比例して金額が上がるため、結婚式の送迎程度ならそれほど高くなることはないでしょう。

ただし注意点として貸し切りバスは繁忙期(4月〜6月上旬、7月中旬〜11月)と閑散期では料金が大幅に変わってきます。仮に繁忙期に結婚式がある場合は半年くらい前から予約をすることをおすすめします。早めに予約をすることで安くなることがあり、「大安」の日は他でも結婚式が多くマイクロバスの予約が取りづらくなるため注意してください。

マイクロバスの予約の流れ

予約まずは複数のバス会社で見積もりをとります。その中で料金、サービス、定員数などを考慮して自分に合うバスの予約をしてください。見積もりの段階では予約が成立したことにはならないためお金はかかりません。予約をするバス会社が決まったらお金を支払うことで契約が成立します。見積もり時には以下の情報があれば大丈夫です。
・利用日時
・乗車人数
・集合場所
・目的地
・立ち寄り地(結婚式から披露宴への移動のように)
・荷物の量

これらの情報があればバス会社が条件に合うバスを手配してくれます。

マイクロバスは赤ちゃんでも大丈夫?

NGマイクロバスにはチャイルドシートを付けることはできません。そのため移動中はずっと抱きかかえる必要があるので少し疲れてしまう可能性があります。もし自家用車で来ている人がいれば事前に乗せてもらうようにお願いするほうがいいでしょう。安全面から見ても赤ちゃんが乗車することはおすすめできません。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP