貸切バスの運転手が2人の場合の値段|貸切バスのオンライン

貸切バスの運転手が2人の場合の値段

貸し切りバスは自分たちの好きなようにプランを立てられ、1人当たりの移動費が安く抑えられることから人気です。運転手もついているため運転での移動のストレスもなく過ごせますが、運転手1人では運行できない場合があります。その場合は追加料金を払いもう1人の運転手が必要です。今回の記事ではどんな場合に運転手が2人必要なのか、金額はどのくらい上がるのかについて解説していきます。

運転手1人では運行できない理由

貸切バスそもそもなぜ運転手1人では運行できないのかというと、2012年に起きた高速バスの衝突事故を受けて、国土交通省が「貸切バスの交代運転手の配置基準」を改訂しました。長時間・長距離のバスの運行により、運転手が居眠り運転をしてしまったために起きた事件です。
この事件を受けて運転手が1人で運転できる条件が定められ、それを越えてしまう場合はもう1人の運転手が必要になったのです。

運転手が1人で対応できる範囲

条件前述したように定められた条件の中でしか運転をすることができません。その条件は以下のようになっています。
・運転手の拘束時間が1日13時間まで
・運転時間が1日9時間まで
・続けて運転するのは2時間まで
・1日最大500キロまで(夜間走行は400キロ)
・運転手は8時間以上の休息をとる


運転手の拘束時間(労働時間)は13時間までで、これにはバスの乗車前の「出庫前点検」や「帰庫後点検」を含みます。ちなみに貸切バスの料金は乗客が乗ってからではなく、点検の時間も基本料金に含まれるので注意してくださいね。

運転時間は原則1日9時間までですが、1泊2日での利用の際は1日目に8時間、2日目は10時間でも平均で9時間になれば大丈夫です。ただし8時間以上の休息が必要なため、22時に宿舎に着くとすると朝7時からしか出発できません。22時に宿舎についたとしても1時間の点検があり23時に仕事が終わった状態になるからです。

バスの運転は原則として2時間に1回15分の休憩を取らなければいけません。貸切バスのため「1時間に1回トイレ休憩を入れて」といった要望も可能なので、気軽にバス会社に相談してください。

1日の運転が500キロというのは乗客を乗せてからではなく、車庫を出てからです。
こういった条件はお客様の安全を守るためなので、運転手に無理なお願いはしないようにしましょうね。

運転手2人の場合にかかる金額や定員数の減少

金額上記に挙げた条件を越してしまう場合は運転手が2人必要になります。その場合割増し料金になり約1.5倍〜2倍の差に。想定よりも高くなる場合が多いのでなるべく無理のないプランを立てましょう。
現在貸切バス業界はドライバー不足なため繁忙期は2人の運転手を付けられない場合があるので早めの予約をしてくださいね。早く予約すると金額が安くなる場合もあります。

また運転手が2人の場合、待機場所としてドライバーのすぐ後ろの2席が使えなくなります。つまり通常の席数より2席少なくなるため予約の際は注意が必要です。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP