貸切バスの料金相場はどのくらい?車種やタイプ別の料金|貸切バスのオンライン

貸切バスの料金相場はどのくらい?車種やタイプ別の料金

貸切バスの料金は地域の運輸局へ事前に届け出を出すことによって決まるため法外な値段を求められることありません。ただ基本料金の相場を出すことは少し難しくなっています。なぜなら時期や時間帯、レンタルするバス会社によっても大きく差があるからです。
例えば東北エリアで大型バスをレンタルすると最安値で約67000円になりますが、九州エリアの場合は最安値約52000円になります。 そのため具体的な料金を知りたい方は複数のバス会社に見積もりをしてもらいましょう。

基本料金は時間制運賃とキロ制運賃で決まる

料金貸切バスの運賃は時間制運賃とキロ制運賃を足したものになります。
時間制運賃は実際に走った時間に「出庫前点検」と「帰庫後点検」として1時間ずつを追加します。乗客が乗っていない状況でも車庫を出たタイミングから料金が発生。貸し切りバスは最低3時間からしか借りることができないため、例え1時間の利用であっても3時間分の料金がかかります。

キロ制運賃も車庫を出てから何キロ走ったかによって決まります。1日500キロもしくは夜間に400キロ以上走行すると交代運転手が必要になり、追加でもう1人分の費用がかかります。

車種やタイプによって基本料金が変わる

マイクロバス車内貸切バスにはマイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスまで大小様々なバスがあり、当然大きくなるほど乗車定員数は増えて料金も高くなります。
また同じタイプのバスでもトイレ付きや、リフト付きのように優れた設備のバスを利用することで料金に差がでてきます。
中にはハイデッカーといってデッキ(座席の床)が高く、景色を遠くまで見渡せて観光に適しているバスもあるので用途に合ったバスを選んでくださいね。

片道のみと一泊の場合どっちが安い?

料金比較「1泊以上する場合はバスを一度返したほうが安いの?」という声をよく聞きますが、そのまま借りっぱなしにしておいたほうが安い場合が多いです。前述したようにバスは車庫に戻るまでの費用が掛かるため、1度返してもまた次の日には迎えに来てもらわなければなりません。仮に宿泊所の近くで借りても、乗客を送ってからまた宿泊所の近くで借りたバス会社まで戻るため結構な費用が掛かります。
1泊以上する際には乗務員の宿泊費(6000円〜8000円)も必要になりますが、そのまま借りておくと良いでしょう。

マイクロバスはバス単体で借りたらどのくらい安い?

マイクロバス貸し切りバスの中でマイクロバスだけは唯一運転手なしで借りられます。バス会社によっても異なりますがマイクロバスだけで借りる場合は約30000円〜40000円で、運転手付きだと約45000円〜60000円です。ただしバスのみを借りる場合はガソリン代や保険代を別途払わなければいけないため、5000円多めに考えます。少しはバス単体のほうが安くなりますが、以下のような負担がかかります。
・誰かに運転手を任せる(該当する免許を所持している人)
・自分で行き先を決める
・営業所までバスを取りにいかなければいけない

それほど金額が安くなるわけでもないのに、負担はとても多くかかるのでマイクロバスも運転手付きで借りるのが良いでしょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP