貸切バスの予約の取り方|貸切バスのオンライン

貸切バスの予約の取り方

貸切バスを予約するには電話・メール・ファックスなどでも出来ますし、直接店舗に来店して予約することも可能です。今回は、電話やメールなどでの予約方法について解説します。大切なのは、予約した後もしっかりと内容を確認することです。予約出来たと放っておくと思いもよらないことになりますよ。

予約の取り方を解説

予約の取り方基本的には、ネットで検索して電話やメールなどで問い合わせるのが基本となります。しかし、時期によっては繋がりにくいこともあるので注意してください。ピークシーズンの8月に利用を考えているのであれば、5月頃には予約の確認をしておきましょう。

まずは問い合わせる

インターネットでお問い合わせ貸切バスの予約をする前に貸切バスの見積もりをお願いしましょう。バス会社から指定の日であれば〇〇円という返答があります。複数のバス会社に見積もりをお願いしているのであれば、すべての見積もりが出てから決めても構いません。見積もりを見てバス会社を決めたら、そのバス会社に直接連絡します。見積りがメール形式で送られてきたのであれば、そのまま返信するとスムーズに進むでしょう。バス会社との意見の食い違いがないように、メールやファックスなど文章でやり取りすることを推奨します(文章が残るため)。8月や10月・11月などは夏休みや連休などが多いことから、貸切バスの予約が取りにくいです。メールでの返答が遅い場合は、電話でまず連絡し、空きがあればすぐにお願いするのも手です。メールやファックスを持っていない場合は、コンビニなどでファックスを受け取れるのでお願いしてみましょう。

予約完了

予約完了バス会社からメール・電話・ファックスなどで『予約が完了しました』と連絡がきます。それと同時に、バス会社から『運送引受書』と呼ばれる書類が送られてくるはずなので、内容をしっかりと確認してください。運送引受書とは、貸切バスが当日にどのような日程で走るのか・どのくらいの距離を走るのか、それによってどのくらいの乗車時間が必要なのか、などが記載されています。バス料金が国交省が設定している上限〜下限金額の範囲内であるかどうか、加入している保険とその補償内容なども詳しく記載されています。安全確保、法令遵守、取引内容の明確化などを目的として作成されているので、必ず交付することになっている書類です。少しでもおかしいと思った部分があれば、すぐにでもバス会社に連絡して確認しましょう。当日に違う!と言っても話がこじれる可能性があります。

バス代以外に必要な料金

バス代以外の料金『貸切バスを借りてバス代を払った=全ての料金の支払いが終わった』という訳ではありません。『駐車場代』や『高速道路、有料道路代』、バスガイドを依頼した際の実費』なども発生してきます。何故かというと、バス会社はバスを手配するだけであって旅行会社ではありません。バス代以外のことも支払いはお客様がしなくてはいけないのです。ただし、バス会社によっては宿泊などの手配やバス旅行プランを提供してくれるので確認してみてください。

予約の方法自体はそこまで難しいものではありません。しかし、確認すべき項目は非常に多いので注意してください。当日になってトラブルに発展しないのが、楽しい旅行の第一条件ですよ。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP