貸切バスを安く借りるには!|貸切バスのオンライン

貸切バスを安く借りるには!

貸切バスを利用するなら、出来るだけ費用を抑えたいですよね。しかし、普段利用しない人には安くする方法がわからないと思います。そこで今回は、貸切バスをどうすれば安く利用出来るのか解説していきます。

貸切バスを安く借りる方法

計算一番分かりやすいのは、出来るだけ小さなバスを借りるということです。大きければ大きいほど料金は高くなってしまいますから。しかし、バスの大きさ以外にも細かいところに気を付ければ貸切バスの利用は安くなっていくんです。

バスの大きさ

バスの車種貸切バスで一番わかりやすい値段の差はバスの大きさです。基本的に、大型バス・中型バス・小型バス・マイクロバスの4種類が貸切バスとして使われます。ミニバスもありますが、数が少ないことと、基本的に小型バス・ミニバスはマイクロバスと同額なので割愛します。当然ですが、バスのサイズが大きくなればなるほど費用は高くなるのが傾向です。利用人数に合わせたサイズを選ぶ事で費用を安く抑えられる場合があります。10人しかいないのに大型バスを借りても意味がありません。マイクロバスであれば、トランクルームなどはありませんが10人分の荷物を入れても問題ないでしょう。これだけで、貸切バスの中でも安価に借りる事が出来ます。

宿泊の場合はバス、運転手も一緒に宿泊しましょう。

ホテル貸切バスの料金は、車庫までの距離も含まれています。という事は、宿泊先からバスを車庫まで戻す回送料金も加算されてしまうのです。『誰も乗っていないバスに何でお金を払わないといけないんだ!』と思うでしょう。そう思わないように、バスと運転手も同じ場所で宿泊させるように予定を立てておきましょう。そっちの方が、安く済むことがほとんどです。ただし、この時の宿泊費とバスの駐車場代はお客様負担になってしまいますので、余りに高い場所での宿泊であれば考えた方が良いかもしれません。

深夜・早朝の利用は避ける

深夜・早朝利用午後10時〜午前5時の間の運転には深夜料金が加算されます。この深夜料金の加算は思ってる以上に痛いので、よほどのことがない限り深夜・早朝のバス移動は避けた方が良いですね。

割引キャンペーンを利用する

割引キャンペーンこれはバス会社によって割引の条件や金額、時期が違います。なので、予約する際などに確認してみましょう。代表的なところだと、団体利用割引でしょうか。一定の人数以上の利用で〇%オフなどです。面白いものだと、リピート割なんて割引もあります。これは、過去1年以内の利用があった場合〇%割引するというものです。このように、割引キャンペーンがあるのであればぜひ利用しましょう。

このように、貸切バスは借り方を工夫する事でお得に借りることが出来ます。上記の内、1つ実践するだけでも予算は抑えられるのです。後悔のない旅行にするためにも、抑えれるところは抑えて楽しい旅行をしましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP