送迎バスを利用する時の注意点

送迎バスを利用する時の注意点

結婚式で送迎バスを利用すると決めたら、いろいろと準備することがあります。しかし、自送迎バスを利用するにはいくつか注意するべき点、確認すべき点があるのでしっかりと覚えておきましょう。

送迎バスの利用には注意する点が多い

マイクロバス幹事をお願いすることです。ここを忘れると、当日に大きな影響が出るので忘れずに!結婚式での移動は送迎バスを利用することは決めたが、実際にどのようなことに気を付けなければならないのか、わからない。そんな人も多いでしょう。意外と忘れがちなのが、幹事をお願いすることです。ここを忘れると、当日に大きな影響が出るので忘れずに!

式場に送迎バスについて確認してみる

引き出物送迎バスは個人でも借りることが出来ますが、まずは式場に確認してみることを推奨します。何故なら、基本的に式場が送迎バスの手配をしてくれるからです。式場はただ結婚式を行うためだけに貸す訳ではありません。新郎新婦のためにさまざまな準備を『変わりに』してくれます。それは会場の準備だけではなく、来てくれるお客様の快適な移動も準備の内に入るのです。まずは、新郎新婦から何人招待する予定なのか、それについてどのような要望があるかを聞きます。それを、貸切バス手配業者の方に伝え、紹介してくれます。紹介された後は、『バス会社』と『新郎新婦』による直接のやり取りになるので気を付けてください。話がまとまれば、当日に運行となります。式場によっては、安い業者を紹介してくれる可能性もありますし、割引が使える場合もあります。そういったメリットも含めて一度式場に聞いてみましょう。ただし、あくまで式場はバス手配の専門ではありません。場合によっては、各方面からの送迎バスは難しい時もあるので、その際は自分で見つける必要があります。

配車場所の確認や駐車場を確保する

連絡結婚式当日は、自宅⇔最寄り駅⇔式場⇔2次会場など多くの立ち寄り場所があります。式場自体は、駐車するスペースも確保されている場合が多いです。しかし、式場へ向かう乗降スペースはどうでしょうか?もしかしたら、ものすごく狭いかもしれません。そうなってしまっては、安全な乗降が行うことが不可能です。乗降スペースは広くても、そこまで行く道が狭かったら事故る可能性も出てきます。最悪の場合、駐車禁止スペースかもしれません。最寄り駅から式場、2次会場までしっかりとしたスペースを確保しておきましょう。

幹事をお願いしておく

マイクロバス 車内新郎新婦は、通常式場へ先に入っているため、送迎バスに乗車していないことがほとんどです。バス会社とのやり取りや進行が出来る人がいない状況になってしまっては、せっかくの結婚式がグダグダになってしまうかもしれません。そうならないためにも、乗客の人に幹事になってくれるように依頼しておきましょう。幹事にお願いするものは、乗車時の人数確認や駐車場支払い、何かあったときの対応です。式直前までは新郎新婦とのやり取りになるので、しっかりと引継ぎはしておきましょう。幹事にオススメなのは親戚ですが、もし友人に頼む場合は、有料道路や駐車場代などを事前に支払っておくことを推奨します。

このように、送迎バスの利用には気を付けるべき点が多くあります。当日に問題が起きないよう、しっかりと確認しておきましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

目的・用途で貸切バスを選ぶ

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP