マイクロバスをレンタルするメリットとデメリットとは

マイクロバスをレンタルするメリットとデメリットとは

マイクロバスのレンタルを考えたことのある方も多いでしょう。マイクロバスは旅行や遠征、結婚式の送迎など団体で移動する場合に最適な移動手段です。マイクロバスをレンタルするときは、車両のみで運転手はついていない場合もあるため、事前に運転できる方が同じ団体のなかにいることを確認しておきましょう。もし、運転できる方がいなければ、別オプションとして運転手をつけることができます。それでは早速、マイクロバスをレンタルするときのメリットとデメリットについてみていきましょう。

マイクロバスをレンタルしたときのメリットとデメリットを徹底解説!

メリットとデメリットマイクロバスをレンタルするときに、メリットとデメリットを考える方も多いでしょう。しかし、マイクロバスのメリットやデメリットには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、そんなマイクロバスのメリットとデメリットについて徹底解説していきます。

マイクロバスのメリット!安値でレンタルできる

費用マイクロバスは、比較的安価でレンタルすることができますが、これは最大のメリットといえるでしょう。他の中型バスや大型バスと比べると、安値でレンタルできるため、乗車人数が定員内で乗り切れるようであればマイクロバスがおすすめです。しかし、マイクロバスのレンタル料金が安いのには理由があります。それは、マイクロバスが20名程度の団体様の移動に特化したバスであるため、備え付けの備品は最小限にしていることです。

マイクロバスのメリット!スケジュールを立て直しやすい

スケジュール団体での行動は、スケジュールが変わりやすいという特徴があります。個人や少人数でのスケジュール変更は比較的安易ですが、20名前後での団体のスケジュール変更は困難と感じる方も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、マイクロバスのレンタルです。マイクロバスは基本的に、自分で運転するか所属する団体のなかの誰かが運転することが多いため、仮にスケジュールに変更があっても柔軟性が利くというメリットがあります。

マイクロバスのデメリット!荷物を置くスペースがない

荷物マイクロバスをレンタルしたときに感じるのが、荷物を置くスペースがないことです。安くでレンタルできる代わりに、普段荷物が置けるスペースを確保していないというデメリットがあります。このように、マイクロバスではトランクルームや荷物棚を完備していないため、大量の荷物を持ち運ぶのは困難です。仮に、大量の荷物と一緒に移動する場合は、座席を一つ荷物専用に確保しておかなければなりません。

マイクロバスのデメリット!普通免許では運転できない

運転免許マイクロバスを、いざ運転しようとしても運転条件を満たした運転免許証がなければ運転することができません。マイクロバスは、普通乗用車の運転免許だけでは運転できず、「中型免許(8t限定なし)」、もしくは「大型免許」を取得していなければ運転することができません。普通免許の横に「中型免許(8t限定あり)」と記載がありますが、これでは11名以上乗車できるマイクロバスを運転できません。つまり、マイクロバスは普通免許では運転できないというデメリットがあります。また、マイクロバスをレンタルするときに、レンタル会社から免許証の提示が求められます。このときに、該当する運転免許証を持参していなければレンタルできないため注意しておきましょう。ただし、マイクロバスの運転手を自分たちで確保することが難しいという方には、別料金で運転手を頼むことができるため、そのような場合はバス会社に相談してみるのもよいでしょう。

最後に、マイクロバスは普通乗用車とは異なり、サイズも大きく運転に慣れていないと安全面で不安を感じることがあります。そのため、運転手を確保できない場合は無理せず、バス会社に運転手も一緒に頼むとよいでしょう。ここでは、マイクロバスをレンタルするときのメリットとデメリットについて解説してきました。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

マイクロバスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP