【誰でも分かる】マイクロバスの定員と重量徹底解説

【誰でも分かる】マイクロバスの定員と重量徹底解説

マイクロバスは、乗車定員が11〜29名で車両総重量が5〜11t未満、積載量は3〜6.5t未満と道路交通法によって定められています。これらは、安全性を考慮して定められていることから、運転手とその関係者は遵守しなければなりません。ここでは、そんなマイクロバスの定員と重量について詳しく解説していきます。

マイクロバスの乗車定員と総重量、積載量の違いとは?

マイクロバスマイクロバスの乗車定員や総重量、積載量は道路交通法で定められていることから、それらの基準を超えて乗車することは禁止されています。そもそも、乗車定員や総重量、積載量とは何なのでしょうか。また、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、そんな疑問に応えていきます。それでは早速、みていきましょう。

マイクロバスの乗車定員とその基準とは

マイクロバスマイクロバスの乗車定員とは、バスに乗車できる最大人数のことです。道路交通法では、11〜29名が乗車できると定められていますが、運転手を含めて実質29名以下であれば乗車可能です。つまり、1〜29名が乗車可能であり、その基準を超えて乗車することは禁止されています。しかし、この乗車定員29名以下は、補助席数を含めたマイクロバスの最大乗車定員数です。そのため、正座席数だけでみると約20席しかありません。補助席含めて29名が実際に乗車すると、普段は広く見えるマイクロバスの車内も少し窮屈に感じる場合もありますので、その点はご留意ください。

マイクロバスの総重量とは?定員との関係性について解説

マイクロバスマイクロバスの総重量とは、車両重量と乗客定員数(1名あたり55kgで算出)、最大積載量すべてを足した重さを表します。道路交通法では、マイクロバスの総重量が5〜11t未満と定められているため、その基準を超えて走行することは禁止されています。また、乗客が定員数に満たない場合でも、総重量を超えてしまった場合も交通違反となりますので、注意が必要です。実際に総重量をオーバーして検挙されるケースもみられます。運転する際には十分気をつけるようにしましょう。

マイクロバスの乗車定員数と積載量の関係とは?

マイクロバス トランクマイクロバスの積載量とは、乗客の荷物だけでなくマイクロバスに備え付けの備品も含まれます。そのため、積載量が多い場合は定員数に満たない場合でも、3〜6.5t未満という基準を超えてしまうことがあります。したがって、マイクロバスの乗車定員数と積載量の両方の基準を超えてはならないため、注意が必要です。

マイクロバスの乗車定員と車両総重量、積載量との関係は?

マイクロバス 車内マイクロバスの乗車定員は、マイクロバスに乗車できる最大定員数のことを指します。また、車両総重量は、乗車定員と車両重量、積載量をすべて加えた重量のことです。そのなかの、積載量は荷物や車内備品の重量を指します。マイクロバスには、乗車定員数が定められていますが、乗車定員数だけでなく、車両総重量や積載量も超えてはならないというルールがあります。これらは、すべて安全性を確保するために、道路交通法で定められているため必ず遵守しなければなりません。

最後に、マイクロバスの乗車定員数や重量は、すべて道路交通法によって定められています。これらは、安全性を考慮した結果であり、運転する場合は必ず遵守しなければなりません。また、マイクロバスを運転する際は、乗車定員数、車両総重量、積載量すべてが基準内でなければなりません。どれか1つでも基準をオーバーしてしまうと違反となってしまうため、注意が必要しましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

マイクロバスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP