マイクロバスのサイズや重量、乗車に必要な免許とは

マイクロバスのサイズや重量、乗車に必要な免許とは

安く抑える移動手段の一つとして最適なのがマイクロバス。今回はマイクロバスを借りる上で必要な知識について触れていきます。
「マイクロバスのサイズや重量に関するルールを知りたい」「マイクロバスを借りたいけど必要な免許って何?」今回の記事ではこういった悩みを解決します。

マイクロバスのサイズは乗用車の約1.5倍、重量に関するルール

ルールマイクロバスは中型自動車免許の対象である11人以上が乗車できる特定中型自動車と呼ばれます。マイクロバスの車両には以下のようになっています。
・車両総重量:5トン以上11トン未満
・最大積載量:3トン以上6.5トン未満
・乗車定員:11人以上29人以下

マイクロバスは2007年以前まで普通免許で乗れる普通車としてみなされていましたが、2007年以降は定員規定のため大型車として扱われているため、普通免許では乗ることができません。 ちなみにマイクロバスはマニュアル車(mt)だけでなくオートマ車(at)もあります。

マイクロバスの運転に必要な免許証とは?

免許証結論から言うとマイクロバスの運転に必要な免許は以下になります。
・中型免許
・中型二種免許
・大型免許
・大型二種免許

ここで注意しておきたいことが一つあります。中型免許で8t限定の免許ではマイクロバスを運転できません。免許取得の際は気を付けてくださいね。

マイクロバスの免許取得にかかる費用

費用免許を取得する際の費用は教習所や時期によっても異なります。マイクロバスの運転に必要な中型免許の取得にかかる費用は以下です。
・マニュアルの普通免許を既に持っている際の費用:約20万円
・オートマ限定の普通免許を既に持っている際の費用:約23万円

中型免許を取得するには、普通自動車免許や大型特殊免許を取得してから2年以上経過している必要があります。

一方大型免許の取得に必要な費用は以下です。
・マニュアルの普通免許を既に持っている際の費用:約30万円
・中型免許を既に持っている際の費用:20万円

大型免許の取得の条件としては普通免許や中型免許、大型特殊免許を取得してから3年以上経っていることが条件となっています。

マイクロバスの補助席でシートベルトの着用は義務?

シートベルト2016年のバス事故を受けて、2016年11月に法律が改正され、シートベルトの取り付けが義務化されました。今はまだ全車種の補助席にシートベルトを設置することができていませんが、国土交通省は2022年までの設置を促しています。

またマイクロバスで、シートベルトの着用が例外になるケースもあります。
・怪我や妊娠によりシートベルトの着用ができない
・6歳未満の幼児を乗車させる場合
・二人掛けのシートに、12歳未満の子供を3人座らせる場合

マイクロバスの燃費

燃料マイクロバスの車両にはガソリン車とディーゼル車があります。その違いはガソリン車のほうがディーゼル車よりも静かで振動が少なくなっていて、燃費はリッター5〜6キロです。
一方ディーセル車は音や振動が少し大きく、燃費はリッター8〜10キロとなっています。 燃費の良さを考えるとディーゼル車がおすすめです。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

マイクロバスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP