ペットと一緒にバス旅行は可能なのか?

ペットと一緒にバス旅行は可能なのか?

バス旅行を計画している時に大事なのが人数の確認です。何人で旅行するかによって、借りるバスが変わってくるからです。しかし、中には『ペットも一緒に旅行に連れていきたい』と考える人もいます。果たして、ペットはバスに乗車することが可能なのでしょうか?

バス会社による

ペット結論から言いますと、バス会社によってペットの乗車の対応は違います。ペットは原則禁止としている会社もあれば、ペットも乗車可能としている会社もあります。しかし、そのまま乗車できる訳ではありません。乗車するにもしっかりとした基準と注意事項があります。これらを守らないと、せっかくの楽しい旅行が一気に冷めてしまいますよ。

公共交通機関の場合

キャリーバッグ貸切バスではなく、普通の公共交通機関である路線バスの場合、ペットの扱いは『手荷物品』となります。そのため、ペット用のキャリーバッグなど他の人の迷惑にならないようにしておけば持ち込みが許可されるのです。動物アレルギーの方がいるかもしれないので、バッグからは絶対に出さないようにしましょう。電車や新幹線などと違って料金は基本的に必要ありませんが、バス会社によっては発生してくるので確認しておくことを推奨します。

高速バス・ツアーバスの場合

高速バス・ツアーバスはNGほとんどの場合で持ち込みが許可されていません。高速バスでは、移動距離が非常に長いこと、他の乗客へのストレス、ペットに与える負担などが理由です。特に夜間だった場合、せっかく寝ているのにペットの鳴き声などで目が覚めたらストレスですよね。同じ理由で、ツアーバスにも原則的に持ち込みは不可能です。一緒に連れていきたい気持ちは分かりますが、どうしても連れていきたい場合は貸切バスを検討してみてください。

貸切バス

キャリーケース貸切バスの場合、バス会社によって対応が違いますが、ペットの持ち込みを許可しているところが多いです。条件としては、『キャリーケースに入れること』『車内に出さないこと』です。もしキャリーバッグから出してしまうと、車内の掃除が大変になりますし、運転手の集中力が途切れてしまう可能性があります。事故の原因になるかもしれいので絶対にやめましょう。他の乗客に迷惑をかけないのが最低条件です。ペットに対する料金は発生しませんが、前述した通り、キャリーバッグから出してしまうとクリーニング代を請求されることもあります。

貸切バスであれば、ペットの持ち込みを許可する会社が多いです。ペットと楽しい旅行にするには、以下のことに気を付けましょう。『乗車時はキャリーバッグに入れる』『車内では絶対に出さない』『乗車前にトイレを済ませておく』『車などで慣れさせておく』です。ドッグランがあるサービスエリアなどに到着したら、キャリーバッグから出して息抜きさせてあげましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

マイクロバスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP