マイクロバスをレンタルするのに必要なものとは!

マイクロバスをレンタルするのに必要なものとは!

今回は、マイクロバスをレンタルする際に必要になってくるものついて解説していきます。レンタルしようと思ったら今持ってる免許じゃレンタル出来ない!?なんてことならないように、しっかりと準備しておきましょう。

実際に必要になるのは免許だけ!?

運転免許マイクロバスをレンタルするのに必要になってくるのは免許証だけになります。しかし、普通免許ではマイクロバスを運転すること出来ません。どの種類の免許証を取得しておくべきなのかしっかりと覚えておいてください。

限定なしの中型免許が必須

中型車普通免許ではマイクロバスを運転することは出来ません。現在の日本における運転免許制度では、乗車定員が11人以上の車は中型自動車という基準になります。これを運転するには、『8t限定のない中型免許』が必要です。そのため、大型免許を取得している人は問題なく乗ることが出来ます。ここで注意してもらいたいのが、2007年6月以前に免許を取った人です。その時代では中型自動車免許という基準はなく、普通免許で『中型車(8t)に限る』の条件が付いています。この条件には、車両総重量が8t未満、乗車定員が10人以下というのも含まれています。この免許のままマイクロバスを運転してしまうと、免許条件違反になるので気を付けてください。

中型8t限定解除は簡単

教習所2007年6月以前に免許を発行した人は、8t限定中型免許を限定なしの中型免許に変更することが可能です。MTだった場合、自動車学校で教習(5時間程度)を受けた後に審査を受けるだけで完了します。費用は約10万円前後で、必要な日数も5日程度なので面倒がらずにきちんと変更してください。ただし、2007年6月以降に普通免許を発行した人が中型免許を取得する場合には、費用も時間も限定解除の倍ぐらいかかってしまうので注意しましょう。

マイクロバスより大きなバスはレンタル不可

乗車定員数30人以上の車はレンタル不可バスにもレンタカーとして、法令上の限界があります。これは免許がある・ない、運転出来る・出来ないに関係することなく、レンタル自体出来ないのです。法令で定められているレンタカーの最大乗車定員は29人以下で、30人以上の車はレンタル不可能となっています。30人以上の乗客が乗車するのであれば、営業車としてしか許可されません。そのため、必ず運転手付きでレンタルするしか方法がないのです。緑ナンバーのバスにはそういった意味もあるんですね。

このように、マイクロバスを運転するのに必要なのは中型免許です。普通免許では違反になってしまうので、絶対に乗らないように注意してください。人によっては限定解除は簡単なので、まずは自分がどういった状況なのか確認してみましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP