【必見】サイズで選ぶ大型バスの上手な選び方とは?

【必見】サイズで選ぶ大型バスの上手な選び方とは?

バスを選ぶときはどんなときが多いでしょうか?学校や会社の団体旅行、また、学校の部活の遠征など団体での移動を考えたときに選ぶのではないでしょうか。他にも、スポーツ選手の送迎バス、遠距離高速バスなど用途によってさまざまですね。ここでは、サイズで選ぶ大型バスの上手な選び方について解説していきます。

サイズで選ぶ大型バスの上手な選び方とは?

大型バス大型バスを選ぶ場合、目的や人数、行先の状況を考慮する必要がありますね。山間部の道路が狭いところでは全長の短い方がよいでしょう。ゆったりとした空間でリラックスしたいなら、座席数の少ないサロンバスがおすすめです。また、長距離を移動するのでしたら、疲れがたまらないゆったりした座席がよいですね。バスのサイズには4種類あり、マイクロバス、小型バス、中型バス、大型バスがあります。サイズは目的や人数など、用途によって選ぶとよいでしょう。

どんなときに大型のような大きなサイズを選ぶの?

大型バス 車内大型バスの正座席は45席が主流になっているため、乗車人数が45名までの場合に大型バスを選ぶことが多いのではないでしょうか。また、会社の慰安旅行や団体での移動などの場合は、乗車人数が少なくてもゆったりとくつろぎたいという心理が働くため、大型バスを選ぶ方も多くみられます。大型バスにも特殊な車両があり、障害者の方が車椅子のままで乗車できるように、昇降リフトの付いた車両もあります。障害者が乗車するときには是非選びたいですね。

大型バスをサイズで選ぶときに何を重視する?

大型バス サロン席大型バスをサイズで選ぶときには、まず、乗車する人数と正座席数を重視します。乗車する人が全て正座席に着座してもらい、快適な移動が出来ることも重視します。車内の快適さを考慮して、なるべく補助席は使用しないようにしたいですね。しかし、どうしても一台で移動しなければいけないのであれば、補助席も使用することになるでしょう。また、座席の座り心地や、バス車内の装備品にも配慮し気配りしたいものですね。

大型バスをサイズで選ぶときの失敗例

大型バス トランク大型バスをサイズで選ぶときの失敗例として、1つ挙げてみます。学校のクラブ活動の遠征のときに、乗車人数を重視してバスをチャーターしたときのこと、人数だけを考えて各自の荷物のことを考えていませんでした。そのため、荷物がトランクに入りきらずバス車内の後部座席、通路にまで荷物を置くこととなってしまいました。幸いにも、クラブ活動のメンバーは乗車定員数よりも少なかったため、大惨事には至りませんでしたが、乗車する人数や荷物の数なども考慮してバスのサイズを選ぶことが重要だと感じました。

大型バスを選んでよかった!お客様の声

昇降リフト大型バスを選んでよかったという実際のお客様からの声を1つご紹介していきます。 障害者福祉施設の視察研修旅行で、車椅子の方が乗車するため、昇降リフト付きの大型バスを依頼しました。大型バスのため車内も広く、バス中央左サイドの昇降リフトからの車椅子の乗り降りも楽にできました。また、車椅子の固定も余裕をもって作業ができ、車いすの方も安心して移動することが出来ました。車内は思った以上に広くて快適な旅行となり、次回も利用したいです。

最後に、サイズで選ぶ大型バスの選び方は、使用する用途、人数、乗車する方、行先などを考慮して余裕をもって、どのバスを選定したらよいか決定することが重要ではないでしょうか。また、どの大型バスに決定しても快適で安全に旅が出来ることが大切ではないかと思います。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

大型バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP