バスの中は禁煙なの?

バスの中は禁煙なの?

タバコの値段が上がったり、分煙するべきという主張が増えている現代においてタバコを吸う人は生活しにくい環境になってきました。最近では、会社や駅などでも喫煙スペースを増やすことによって分煙を推奨しています。そんなタバコですが、バスの乗車中は吸っても良いのか、貸切バスだったら自由だから吸っても良さそう、と感じている人もいると思います。そこで今回は、バスでの喫煙について解説していきましょう。

車内での喫煙は原則禁止

ルールまずは、乗合バス(路線バスや高速バス)についてです。こちらに関しては、法令によって原則禁煙となっています。火が付いたままのタバコを放置したことによる火災、煙による運転妨害など安全性を著しく低下させるからです。そもそも、他人と密室にいる中でタバコを吸うのはマナー違反になってしまいます。常識的に考えて吸わないようにしましょう。次に、貸切バスをレンタルした際の場合です。貸切バスの場合は、二通り考えられます。詳しく見ていきます。

貸切バス(ツアーバスなど)

路線バス旅行会社が貸切バスをチャーターした場合は、原則禁煙となっています。車内にいるのは知り合いだけですが、安全な運転をするにはタバコの煙は障害にしかなりません。乗車する際にも、運転手やバスガイドさんから予め注意点として発言がある場合もあります。休憩ポイントまでは我慢しましょう。

貸切バス(個人でレンタル)

夜行バス個人で貸切バスをレンタルした場合は、契約者もしくは団体全体の判断に任せるのが基本となっています。それは、厚生労働省が出している『公共交通機関の受動喫煙防止対策取組み状況について』にも記載されています。ただし、この判断はしっかりと考えなくてはいけません。運転する人がタバコの煙があっても問題ないのか、そもそもタバコの煙が苦手な人・喘息持ちの人はいないのか、換気はどのようにするのかなどです。火の後始末に関しても、細心の注意を払わなければいけません。しかし、そのようなことに注意してもバス会社からしたら喫煙してほしくないのが本音です。

タバコの臭いは消えない

飲酒OKタバコを吸う人が家族にいる人には分かると思いますが、タバコの臭いというものは簡単には消えません。換気をしても、消臭をしても微かに臭いが残ってしまうのです。その臭いのせいで、一度降りて再び乗車すると気持ち悪くなる人もいます。それだけでも大変なのですが、バス会社はレンタル後に車内の掃除をしなくてはいけません。タバコの臭いを完全に消すまで次のレンタルは出来ないため、売り上げに直接響いてしまうのです。そのため、貸切バスだったとしても車内での禁煙をお願いされたら素直に従ってください。

このように、バスの車内では禁煙するのがベストと言えます。それを破って喫煙するからこそ、世間では分煙するべきという声が大きくなってしまうのです。そうならないためにも、しっかりとマナーを守っていきましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP