チャイルドシートは必要なの?

チャイルドシートは必要なの?

子供と一緒に家族で旅行に行くのは親としては夢ですよね。しかし、小さい子供を旅行に連れて行くのは安全上少し不安になってしまいます。その不安を解消するためにあるのが『チャイルドシート』です。しかし、バスにチャイルドシートが付いているのを見たことがありません。チャイルドシートの着用が義務付けられている年齢だとバスに乗れることは出来ないのでしょうか?

義務ではない

チャイルドシート平成12年4月1日から、道路交通法によって『6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートの着用が義務化(第71条の3第4項)』されました。自家用車で乗せる場合には、必ずチャイルドシートを付けなくてはいけません。しかし『道路交通法施行令26条の3の2第2項』の記載の中には『バスやタクシーなどに乗車する場合』に限り、チャイルドシートの使用を義務化していないのです。バスの場合、いつ何人の幼児が乗車してくるか分からないため免除となっています。毎回チャイルドシートを付けていては、他のお客様が座れないからですね。そのため、バス旅行などを計画していたとしてもチャイルドシートを持って行く必要はありません。

安全のためには着用すべき

チャイルドシート義務化はされていませんが、安全のことを考えると着用させるべきです。しかし、前述した通りバス会社は、いつ何人の幼児が乗車するか予測出来ないのでチャイルドシートを持っていません。そのため、バスでチャイルドシートを利用するのであれば、自分で持って行く必要があります。それなりの大きさと重さがありますので、バスに装着するまでは大変です。さらに、座席によっては装着出来ないものもあります。そうなった時は、抱っこするなどして安全を確保しましょう。

長時間の旅行には向かない

長時間子供と旅行したい気持ちは分かりますが、子供の体力は大人と比較してかなり少ないです。特に赤ちゃんであれば、体力もそうですがいろいろな菌や病気などの抗体にも不安が残ります。泣き始めたりトイレをしてしまったら、いくら知り合いとは言え迷惑になってしまうでしょう。そのため、赤ちゃんを連れて旅行する際には、バスよりも融通の利く自家用車が向いています。

普通のシートベルトを使う

シートベルト5〜6歳の子供であれば、座席にある普通のシートベルトでもしっかりと体を固定することが出来ます。チャイルドシートと比べると安全性は落ちてしまいますが、それでも高い安全性が期待出来るでしょう。

現状、チャイルドシートがバスに義務付けられることはありません。そのため、自ら準備する必要があります。そういったコストを考えると、6歳未満の子を持つ家族は自家用車で旅行するのがベストなのかもしれませんね。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

大型バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP