大型バスのトランクルームに乗せられる荷物の数とは?

大型バスのトランクルームに乗せられる荷物の数とは?

大型バスを借りた際に考えるのは、荷物がどれだけ乗せれるかということです。人数は大型バスで大丈夫なのに、当日荷物が乗り切らないなんてことになったら大変ですよね。そんなことにならないためにも、大型バスに設置してあるトランクルームのサイズで、どの程度の荷物を乗せることが出来るのか予測しておきましょう。

大型バスのトランクルームは貫通式

バス座席基本的に、大型バスのトランクルームは貫通式が2〜3本設置しています。しかし、その内の1本はバス会社が用意した備品が入っていることも多く、それを除いた部分でトランクルームを使用しなければいけません。見た目だけであれば、かなり大きなサイズに見えますが実際にスーツケースを入れてみると、結構窮屈な感じがします。

乗せ方によって大きく変わる

バス車内連泊予定の旅行であれば、スーツケース大サイズを使うことも多くなります。この大サイズをトランクルームに入れてみるとどうなるのでしょうか。まずは、縦置きの状態で置いてみます。普通に入れてみると横に4個入りました。それが4列入れられるので、トランクルーム1つで16個入る計算になります。それが2つで32個ですね。思ったより少なく感じます。大型バスは40人以上が乗れるので、単純計算10個前後乗らないことになってしまいます。

オススメは横置き

ビジネスマン一方の横置きであれば、縦置きと同じように横に4個ほど置けます。横にしたため、3列分しか入りませんが、上の部分に隙間が出来るためそこに上積みすることも可能です。隙間なく詰めることによって、約6個分ほど入ります。ということは、1つのトランクルームに18個入る計算になります。それが2つあるので、最大で36個までなら大サイズのスーツケースが入る結果になりました。ただし、これはバスの種類によって多少前後します。どちらにしても、乗客全員が同じ大サイズのスーツケースであれば全て乗せることは難しいです。

目安

荷物が多くなる長期間のバス旅行に行く際、バス1台につき何人乗客させれば良いのか目安を教えます。普通にトランクルームだけを使うのであれば『大ザイズであれば36人、特大サイズであれば32人まで』です。座席にスーツケースを乗せる場合であれば『大サイズであれば40人、特大サイズであれば39人まで』が目安です。参考にしてみてください。

予想よりもトランクルームに荷物は乗らない結果になりました。他のバスと比較すると圧倒的に多いのですが、それでも大サイズ以上のスーツケースばかりになると全員分をトランクルームだけで納めるのは難しくなります。車内に持ち込みたくないのであれば、スーツケースを小さくするか、貸切バスを2台レンタルするなどして対応していきましょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1475

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

大型バスのお役立ち情報

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP