大型バスにはどのような種類があるのか!

大型バスにはどのような種類があるのか!

ひとえに大型バスを借りたいとなっても、大型バスの中にも種類があるんです。公道では走れないバスもあったりするので注意が必要です。

基本的には3種類

大型バス大型バスは主に3種類あります。大型一般車、ハイデッカー、スーパーハイデッカーです。この3種類は日頃からよく見るタイプですね。残りの1種類はダブルデッカーと呼ばれるもので、日本では実物を見たことない人も多いかもしれません。

大型一般車

大型一般車よく見る一般的な大型バスです。車高が一番低く、残念ながら景色を見るのに向いていません。座席の自由度も少ないことからゆったりとした旅行も望めないでしょう。その分乗れる定員も多く、料金が抑えられているので財布には優しくなっています。

ハイデッカー

ハイデッカー中二階建てタイプの大型バスです。車高は3.2〜3.5mで、一般の大型バスよりも座席が高くなっています。そのため、車内からの眺望が良くなっており、定員を気にせず観光用のバスとして真価を発揮します。景観地を訪れるのであれば、是非ともハイデッカーの利用を検討してみてください。後部座席が回転するサロン使用もあるので、景色を楽しみながら宴会がしたいお客様にも人気となっています。設備も充実しており、テレビからカラオケ、冷蔵庫やビールサーバーなどが設置しているバスもあるくらいです。

スーパーハイデッカー

スーパーハイデッカーハイデッカーよりもさらに車高の高い大型バスです。その車高は3.6〜3.8mとなっており、ハイデッカーより30cmほど高くなっています。その分、景色も見やすくなっていることからスーパーハイデッカーを選択する人も多いです。実は、バスの高さには国内規格が存在します。最大で3.8mまでと決められていることから、3.8mを超えてしまったらスーパーハイデッカーでも公道を走ることは出来ません。因みに、貸切バスとして借りられるのはハイデッカーと、このスーパーハイデッカーのみとなっています。貸切の値段に違いはありません。

ダブルデッカー

はとバス二階建てタイプの大型バスです。日本では見かけないタイプですよね。それもそのはず。日本で製造されたダブルデッカータイプの大型バスは、三菱ふそう『エアロキング』だけで現在は製造中止となっています。2016年に、はとバスで『アストロメガ』と呼ばれる新型2階建てバスを導入しましたが、乗れるのは都心周遊の定期観光コースのみです。エアロキングも乗車することは可能ですが、貸切バスとしての利用は出来ません。二階建てバスというプレミア感はありますが、どうしても乗車したいのであれば、普通に乗車するしかありません。今後も貸切バスとしての利用はないでしょう。

このように、乗るだけの大型バス、貸切バスとしてのさまざまな利用方法・楽しみ方が可能な大型バスがあります。大型バスを貸切る場合には、旅行の目的によって種類を決めた方が良いと言えるでしょう。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP