大型バスの定員は何名!?

大型バスの定員は何名!?

旅行の計画を立てて貸切バスを予約しようと考えた時に、一体どの大きさのバスを予約するべきか悩みますよね。考慮すべき点は、乗車する人数と座席数です。そこで今回は、大型バスの座席数と定員について解説していきます。

大型バスの定員

大型バス 座席大型バスの定員に指定はありません。大型バスの定義としては、車体の大きさが大型バスの基準であれば大型バスとして登録されます。座席に関しての基準はとくにありません。基本的には補助席含めて55席です。しかし、大型バスにはさまざまな仕様が存在しているのです。

大型バスの定員数は千差万別

大型バス上記した通り、大型バスの座席数に指定はありません。では、何人以上の定員であれば大型バスを選ぶべきなのか。基準としては、27名以下であれば中型バス、28名以上であれば大型バスの利用を推奨します。現在運行している大型バスの定員数の多くは、53名乗りのものです。バス会社によっては、補助席が一切付いていないものから、補助席が10席ある55席まであります。これらのタイプでしたら、比較的予約も取りやすいです。座席が60席あるタイプや、座席を減らしてくつろげるタイプは数も少なく予約も取りにくいので、注意してください。参加人数が中途半端な場合は、バス会社に相談してみましょう。

回転サロン席

大型バス 回転サロン席大型バスには、回転サロン席というものが設置されているものもあります。テレビ番組でバスに乗っているシーンなどがありますが、後部座席の方でテーブルを囲んでコの字に縁者さんたちが座っていますよね。あれが『サロンバス』と呼ばれるものです。基本的に大型バスのサロンタイプでは、通路を挟んで左右の2座席ラ2列が回転するように設計されています。座席が通常よりも少なくなるため、乗車可能な定員は減ってしまいますが、飲み物や食べ物をテーブルに並べてたり・宴会を楽しんだり・カードゲームなどで楽しむことが可能です。社員旅行や慰安旅行に人気のあるタイプとなっています。このようなタイプだと値段が高くなるのでは?と思われるかもしれませんが、基本的に貸切料金は変わりません(※貸切バスの会社によって異なります)。是非ともリクエストしてみてください。

内装を変化させやすい

大型バス 内装大型バスの外装や内装についてはメーカーの基準がありますが、どのバス会社でも独自にカスタマイズされています。それが売りになりますし、借りる方も選びたくなりますよね。外観は色や絵柄が変わる程度ですが、内装は自由に変更することが出来ます。一番多いのが、座席数・配置・間隔の変更でしょうか。座席を少なくしても充分な定員が乗れる大型バスだからこそですね。足を伸ばして広々と使いたい人の要望にも応えられます。その他だと、床を絨毯敷きにするなどの拘りもあります。今後も大型バスは進化していくでしょう。

定員に指定はないと書きましたが、現在ある大型バスの中で一番多い座席数が60なので60人が最大となります。ただし、60人満員で乗ることはほとんどないので、そのような場合は2台借りた方が良いかもしれません。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの種類CHARTER BUS TYPE

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP