山口の貸切ツアーで訪れるべきおすすめ観光スポットを紹介

山口の貸切バスお役立ち情報

山口にはたくさんの見所があります。おそらく、貸切バスでツアーを組もうとしても迷われるでしょう。そこで、今回は貸切バスツアーで絶対に外してはいけない山口の観光スポットをお伝えします。

そもそも、山口とはどのような場所か

「山口」と聞かれてパッと想像するのはなんでしょうか。山口で一番有名な観光スポットといえば萩ですね。「山陰の小京都」と呼ばれるだけあって、何ともいえないゆっくりした時間が流れます。歴史好きな方にとっては外せないスポットでしょう。
自然が好きな方は秋芳洞が頭に浮かぶでしょう。普段の生活では絶対に味わえない、自然。ぜひ、山口まで行ってミステリアスな世界をお楽しみください。
グルメの方なら、下関のふぐでしょうか。やはり、新鮮なふぐを一度は食べてみたいですよね。ちなみに、下関・山口ではふぐのことを「ふく」と言います。こちらの呼び方のほうが粋でいいと思います。いずれにせよ、魅力が詰まった山口をお楽しみください。

のんびりした時が流れる山陰の小京都「萩」

それでは、ここからは貸切ツアーで訪れるべき観光スポットを具体的に見ていきましょう。まずは、萩です。萩は「山陰の小京都」や「山口の小京都」と呼ばれたりします。なお、萩に隣接している津和野は島根県ですのでご注意ください。
さて、萩には幕末から明治時代の建物がたくさん残っています。近年、その価値が高く評価され「世界文化遺産」に登録されました。例えば、幕末に苦心して作られた「萩反射炉」。西洋式の鉄製の大砲を作るために使われた反射炉です。その他、有名な「松下村塾」も萩にあります。この塾から明治時代に活躍する偉人が生まれたのです。このように、幕末ロマンを感じられるのが萩の最大の魅力です。

自然が好きな方は必見、ミステリアスな世界広がる「秋芳洞」

写真やテレビで見た方も多いでしょう。鍾乳洞に広がるミステリアスな世界。「一度、行ってみたいなあ」と思った方も多いのではないでしょうか。秋吉台の地下百メートルに巨大な鍾乳洞「秋芳洞」があります。ところで、なぜ「秋芳洞」と名付けられたか、ご存知ですか。時は大正時代、昭和天皇が皇太子であった時に、この巨大な鍾乳洞を探索。そして「秋芳洞」という名を賜ったのです。
洞内はヒンヤリとしており、水が滝となり、コバルトブルーの水面へと落ちていきます。本当に別世界にいるような感覚に。洞内のコースは1キロにもなります。ぜひ、日常生活では味わえない、別世界への旅に出かけてみませんか。

一回は食べてみたい、下関のふく「下関春帆桜」

山口県下関といえば「ふく」。やっぱり、貸切ツアーで下関のふくを食べてみたいですよね。そのような方にオススメのスポットが下関春帆桜。ここは、明治21年、伊藤博文によって認められた日本で最初のふく料理屋なのです。関門海峡を見ながら、極上のとらふくのコースを食べるひと時は贅沢そのもの。ぜひ、下関でふくを楽しんでください。
時間があれば、関門海峡を渡って九州側に行くのもおもしろいでしょう。きっと、新たな発見が得られるはずです。いかがでしたか。貸切で外してはいけない山口の観光スポットを紹介しました。他にも、山口にはおもしろい場所がたくさんあるので、ぜひいろんな所を巡ってください。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP