山形で貸切バスを予約する際のポイント

山形の貸切バスお役立ち情報

山形で貸切バスを利用するにあたり、その土地の広さを踏まえ、おさえておきたい配車場所と下車場所。サービス、料金など貸切りバスを利用するポイントをいくつかまとめました。

配車場所と下車場所を決める

貸切バスの利用をするにあたり、下車場所と配車場所を決めておくことが大切です。山形では土地が広いため事業所が4つのエリアに分かれています。このエリアの中からバス会社の事業所を選ぶのが一般的です。山形は観光地が点在しています。例えば、最上地方であれば「最上川の舟くだり」庄内地方では「出羽三山」村山地方は「山寺」置賜地方となれば「米沢」までととても広いということです。
配車場所と下車場所により価格が変わります。配車場所と下車場所が同じであれば問題ありませんが、配車場所や下車場所が2ヵ所以上にわたる場合には追加料金が発生することもあります。あらかじめ確認が必要です。このように土地が広い山形では配車場所、下車場所をどのように決めるかがポイントになります。

利用目的に応じたサービスがあるか。

バス会社には様々なバスがあり、バスによって車内設備が異なります。バスでの移動が長くなる場合は、車内にトイレがあるかどうかも確認が必要です。また車内でレクレーションをする場合はカラオケやTV、DVDなどの設置があるかどうかいくつか確認するポイントがあります。利用人数によってバスの種類が異なるので、それに応じたバスの車内設備を確認しておくのがポイントです。
次にバス会社のサービス面も確認します。利用目的に応じたサービスがあるかどうか。例えばバスを借りる目的が観光の場合は、おすすめの観光地を教えてくれたり、おさえておきたい観光地を効率よく回ってくれるかどうか。宿泊を伴う場合は宿泊先の相談ができるか、さらにバスの移動中に食事をする場合、食事の手配をしてくれるサービスがあるかどうかです。このように目的に応じたサービスがあるか選ぶ事がポイントです。

貸切バスの価格と安全性を確認

車内設備、サービス等に価格が見合っているかどうかを見極めるのも大切ですが、近年、高速バスの事故の影響により国土交通省が定めるバス会社の法令が変わってきました。その適正価格を知っておきましょう。この法令により、決定した価格を下回る場合には注意が必要です。
次に安全面です。バス会社各社の安全性をそれぞれ把握する事はとても難しいです。最近のバス事故により安全性を重視しバス会社を選びたいと考える人は少なくありません。そこで、「公益社団法人日本バス協会」が認定する『貸切バス事業者安全性評価認定制度』があります。バス会社における安全性を確認する目安になるため目を通しておくと良いでしょう。法令で決められた価格を知ること、安全性をあらかじめ確認することがポイントです。

貸切バスをお得に利用する方法

近年バス会社における法令も変わり、片道利用でも回送費が発生します。宿泊を伴う場合はバスをいったん返却するのではなく、そのまま借りておく方がお得になる事が多いです。他にも大型免許を取得している人であれば、レンタカー会社で借りた方が安いかなと考える場合もあるでしょう。その場合もいくつかのポイントを踏まえておきましょう。例えば何人で利用するか、目的は何か。貸切バスではなく、レンタカー会社で借りる場合のバスの種類はマイクロバスのみになります。
利用人数や車内設備を含め、どちらがお得になるかを考える事が必要です。人数が多い場合はレンタカー会社からマイクロバスを何台も借りることになるので、貸切バスを利用する方がお得です。このように利用人数や目的に合わせてどちらにするか選ぶ事がポイントです。他にも、バス会社には早期割引を適用している会社があり、早く予約をすれば料金が安くなります。
早く予約をすればそれだけ希望の貸切バスが借りられる確率も高くなるため、早めに予約をすることがポイントです。このようにポイントをおさえ、お得にバスを利用することができます。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP