冬の沖縄県の魅力とは?|貸切バスのオンライン

沖縄の貸切バスお役立ち情報

一年を通して、比較的暖かい気候に恵まれる沖縄県。一年のうち、4分の3は海水浴を楽しめる日本では珍しい観光地です。しかし、夏は厳しい日差しが照りつけるため、年配の方や暑いのが苦手な方には過ごしにくい季節といえます。そのため、冬の沖縄は快適に過ごしやすく、冬ならではの楽しみ方があります。

冬はリーズナブルな旅費で過ごせる!

沖縄県の観光シーズンは言うまでもなく、7〜9月の夏です。そのため、夏の沖縄観光は比較的高くなる傾向があります。その反面、海水浴ができない11月〜2月の冬の間は航空券や宿泊費も低くなる傾向がみられます。それに伴い、貸切バスの利用しやすいため、団体客にとって、冬は沖縄県観光のベストシーズンといえます。

晴れた日は半袖でも過ごせる!?

沖縄県は寒さが厳しい12~1月でも気温は15度以上と暖かく、晴れた日であれば、半袖の服装でも過ごすことができます。そのため、冬でも軽装で訪れられます。日差しが強い夏の間は長時間外で過ごすことが困難です。その点、沖縄の冬は長時間外出できるため、夏と比べてもより多くの観光スポットを巡ることができます。貸切バスの車内常に快適な室温が保たれており、温度の調節も自由に設定できます。また、沖縄県のリゾートホテルでは冬になるとイルミネーションを実施しているところもあります。貸切バスの沖縄県観光ツアー終了後に南国の冬の雰囲気も楽しめます。

原生林や鍾乳洞をゆっくりと楽しめる!

冬の沖縄県は比較的暖かく、晴れた日には半袖で過ごすことができますが、さすがに海に入ることはできません。そのため、冬の沖縄県観光は癒しスポットとしても知られるガンガラーの谷や世界遺産の斎場御嶽、玉泉洞などを大自然を楽しむ観光がおすすめです。歩き回ることも多いので、ハイキングや森林浴のような感覚で楽しめます。貸切バスはこれらの自然をモチーフにした癒しスポットにも効率よく巡ることができます。

実はシュノーケリングがおすすめ!

シュノーケリングやダイビングは夏のスポーツかと思われますが、暖冬でもある沖縄県ではむしろ冬がおすすめです。冬の沖縄県の海は夏よりも透明度が高く、サンゴ礁や熱帯魚の観賞に最適です。シュノーケリングに必要なウェットスーツやフィンなどもレンタルが可能です。仮に持ち込む場合でも貸切バスのトランクルームを利用すれば、かさばりやすい荷物も簡単に運搬することができます。貸切バスは行き先も自由に設定できるため、冬の沖縄旅行はシュノーケリングやダイビングをメインにするのもおすすめです。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP