魅力ある岡山の観光スポットを貸切バスで訪ねる

岡山の貸切バスお役立ち情報

中国地方の玄関口、ならびに四国の玄関口である岡山。歴史があり市内を路面電車が走るなんともノンビリした街と言えるでしょう。そんな岡山には魅力がたくさんあります。それでは見ていきましょう。

日本三大庭園がある文化香り高い岡山

「岡山」といえば桃太郎で有名ですね。実際に、JR岡山駅前には立派な桃太郎の銅像があります。
岡山は四国方面、山陰方面への玄関口であり交通の要衝としても有名です。ただ、乗り換え駅である分、素通りされる方が多いかもしれません。それはあまりにももったいないです。
岡山は歴史と文化があるふれる街、岡山城や後楽園はあまりにも有名です。岡山から少し足を伸ばすと、大原美術館で有名な倉敷があります。
交通の要衝でありながら、どこかのんびりと落ち着きのある岡山。近年、ユニークな喫茶店も次々と誕生し、魅力をさらに磨いている印象を受けます。ぜひ、そんな進化し続ける岡山を訪れてください。

岡山のシンボルは必ず訪れたい 岡山城 

まずは岡山のシンボルというべきスポットから見ていきましょう。まずは、岡山城です。岡山城は豊臣秀吉に大抜擢された宇喜多秀家によって1597年に完成しました。もう、400年以上も岡山の街並みを見続けています。岡山城は愛称として「金鳥城(きんうじょう)」と呼ばれています。
残念ながら城の方は第二次世界大戦の空襲を受け消失。現在の建物は戦後に再建されたものです。城内は博物館となっており、戦国時代を中心に岡山城の歴史を詳細に紹介しています。岡山の概要と歴史を知りたければ、まずは岡山城に寄ってみましょう。
また、岡山城では歴史が学べる楽しいイベントが開催されています。そのタイミングで訪れるのもよいでしょう。

美しい庭を見て原点に立ち返えられる 後楽園

岡山城と並んで必ず訪れておきたいスポットといえば後楽園ですね。後楽園は元禄の文化を代表する大変美しい庭園で有名。日本三大名園のひとつになっています。もちろん、国の特別名勝にも指定されています。
後楽園は江戸時代の初期に、岡山を統治していた池田氏によって作られました。1686年に着工し、なんと14年の月日をかけて完成された庭なのです。
春には桜、秋は紅葉が色付きます。この時期に訪れると後楽園がより一層、美しく見えるでしょう。お弁当箱を持っていき、ピクニック気分で昼食を食べるのもいいかもしれません。
なお、後楽園の中にはタンチョウがいます。動物好きの方はお見逃しのないように。

意外や意外、後楽園の近くに驚きの美術館が 岡山市立オリエント美術館

先ほど紹介した後楽園の近くにオリエントを専門とした美術館があるのです。オリエント美術館は岡山学園からオリエントに関する貴重な資料、1947点が寄贈された時にできました。現在では4800点もの美術品を保管しています。
館内は古代オリエントの展示物がじっくり見られるように工夫されています。また、ホームページで収蔵品をチェックできるのもうれしいですね。また、古代オリエントをより深く知ることができるユニークなイベントも開催されています。
いかがでしたか。貸切バスで訪れたい岡山の名所をご紹介しました。他にも牛窓や倉敷など魅力がたくさんあるので、注目してください。高速道路が発達しているのでスムーズにアクセスできます。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP