名古屋の三大動植物見学スポットとは?|貸切バスのオンライン

名古屋の貸切バスお役立ち情報

東海地方の中心都市でもある名古屋は、オフィス地区や歓楽街、テーマパーク、ショッピングスポットを多く有しています。また、名古屋市内にも緑豊かな地区もあり、三河湾を臨む名古屋港など海を望める観光スポットも観光客に人気となっています。今回は貸切バスツアーだからこそ実現できる名古屋のおすすめ三大動植物観光ツアーの魅力をご紹介いたします。

名古屋の三大動植物観光スポットはここ!

名古屋市内を貸切バスで巡る際、動植物を見学できるおすすめの観光スポットは3つあります。それが東山動植物園、名古屋港水族館、そして名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットです。東や動物園は名古屋駅や他の2つの施設からも離れていますが、残り2つの施設は名古屋港内にあります。そのため、貸切バスを使えば、名古屋を代表する動植物見学スポットを一気に巡ることができます。

広大な敷地と緑豊かな動物園、東山動植物園

約60haという広大な敷地面積を有する東山動植物園では、約500種類の動物が展示されており、隣接する植物園には約7000種の植物を鑑賞できます。動物園エリアでは、イケメン過ぎるゴリラでイクメンのジャバーニ君をはじめ、最近人気急上昇中の「おっさんの叫び声」のフクロテンガザルが人気です。このフクロテナガザルの泣き声が聞けるQRコードが入ったポストカードはお土産としても最適です。貸切バスを利用した家族連れの団体客でも気軽に訪れることができます。

5つの海を楽しめる!名古屋港水族館

名古屋市港区にある名古屋港水族館。名古屋港水族館ではシャチやイルカ、ゴマアザラシを飼育されている北館と、日本の海、深海ギャラリーなど海洋で分けられた海の生物が展示されている南館で、さまざまな海の生物を鑑賞することができます。また、夜の海を鑑賞できるナイトウォッチングも人気となっています。周辺には南極観測船ふじや名古屋海洋博物館、複合施設JETTYなどの観光スポットもあるので、貸切バスツアーで一気に巡るのもおすすめです。

海と緑に囲まれた名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

名古屋市港区にある名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットでは、自然風庭園を楽しめる独自のコンセプトを採用した植物園です。世界中の野生草花が楽しめ、季節によって、見ごろの花が変わるおすすめの観光スポットです。名古屋港水族館からも近いので、貸切バスの名古屋動植物見学ツアーの目的地のひとつに加えたい観光スポットでもあります。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP