宮崎で訪れたい観光スポットを紹介

宮崎の貸切バスお役立ち情報

魅力あふれる宮崎。新婚旅行のメッカとしても有名ですね。「えっ、まだ宮崎を訪れたことがない?」。それはあまりにももったいないですね。今回の記事を利用して宮崎に行ってみましょう。

改めて宮崎をおさらいしてみましょう

「宮崎」といえば新婚旅行ですね。今でいうとハワイみたいな位置づけだったわけです。明るくのんびりとした雰囲気は今でも健在。新婚旅行の思い出の地をめぐる旅もおもしろそうですね。
宮崎の山奥にも魅力的なスポットがたくさんあります。例えば、高千穂峡。普段の生活では絶対に見られない雄大な自然が堪能できます。貸切バスがあるからこそ、秘境に行くのも有意義でしょう。
トレッキングで有名なえびの高原も捨てがたいですね。数々の雄大な山と美しい湖は冒険心をくすぐります。宮崎を歩くと、若い頃に戻ったようなエネルギーが得られるでしょう。ぜひ、新婚の時を思い出しながら、のんびりと宮崎の旅を楽しんでください。

雄大な自然を見逃すことはできない 高千穂峡

それでは、宮崎で必ず訪れてみたいスポットを見ていきましょう。まずは、高千穂峡です。写真でも分かるとおり、迫力ある自然を心ゆくまで堪能できます。高さ平均80メートル以上の断崖絶壁が7キロも続いているような場所はなかなかないでしょう。この断崖絶壁のエリアをボートで訪れてみましょう。きっと、普段の生活では味わえないスリルを感じるはず。それだけで、若返ったような気分になります。
高千穂峡は宮崎県の中でかなり奥にあるため、一日かけるのがオススメ。近くには古事記に関するスポットもあり、歴史好きにとってもたまらないスポットですね。特に、天岩戸神社は外せないスポットですよ。

あれ、日本なのにモアイ像がある?「サンメッセ日南」

「日本にモアイ像がある」と言われたら、どう答えるでしょうか。「どうせ、ただの飾り物だろう」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、舐めてはいけません。「サンメッセ日南」にあるモアイ像はイースター島の長老の承認を得ています。もちろん、世界で唯一、イースター島の長老の承認を得たモアイ像なのです。これは、チリ地震の際、日本がモアイ像の復旧に協力した証なのです。
園内には数々のレストランも併設されています。ここで忘れてはならないのがジャージ牛の乳製品。とても美味しくて大好評です。
また、「サンメッセ日南」で見るサンライズは格別。ぜひ、頑張って早起きして日南自慢のサンセットを見てください。

写真を見るだけてトレッキングをしたくなる「えびの高原」

えびの高原の写真を見ると、トレッキングをしたくなるのは私だけでしょうか。えびの高原は標高1,200メートルの高原です。周辺には山や美しい湖が4つもあります。
ぜひ、登ってみたい山は韓国岳です。「かんこくだけ」ではありません。「からくにだけ」と呼びます。韓国岳に登ると、お隣の韓国が見えることから名付けられました。4つの湖は透明度が高く、見ているだけで心が洗われますね。ぜび、トレッキングにチャレンジしてください。新たな発見があるはずです。
いかがでしたか。貸切バスで訪れてみたい宮崎の観光スポットを紹介しました。他にも宮崎には魅力がいっぱい。ぜひ、いろいろ調べてプランを練ってくださいね。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP