秋田のおすすめ観光スポットは貸切バスが便利!

秋田の貸切バスお役立ち情報

秋田には全国的に有名な観光地が点在しています。それぞれの観光地は離れていますので、手軽に行くには車が必要です。しかし観光シーズンは結構駐車がむつかしいケースもありますし、車だと昼食時のお酒も楽しめないということで貸切バスという選択が出てきます。ここでは秋田のオススメ観光スポットを訪れる順番に紹介します。スタートは秋田新幹線の角館駅か田沢湖駅です

どの季節にもそれぞれの良さがある角館

まずは角館からスタートします。
角館の良さは、何といっても武家屋敷の風情です。黒壁が続く通りは、冬は雪に覆われている姿がしんしんとした雰囲気をかもしだします。春は屋敷から張り出した桜が通りを覆い桜のトンネルのようになります。桜は近くの川の土手にも咲き乱れ角館のトップシーズンとなります。そして夏は緑、秋は紅葉を楽しむことができます。
これ程どの季節に訪れても観光客を楽しませてくれる観光地は少ないと思います。飲食店やお土産物屋もそろっており、稲庭うどんや比内地鶏のきりたんぽ鍋は外せません。昼食をとるのも角館はおすすめです。
それだけに年中駐車場は混雑しており特に桜のシーズンは乗用車で訪れると止めるのに苦労することでしょう。その点貸切バスは有利です。

映画のロケ地にもなった田沢湖たつこ像

つぎに北東に進み田沢湖を訪れます。
田沢湖は何が有名かというと深さが日本一だということです。一周は約20kmの広さで湖畔を走るのも楽しいものですが、さらに田沢湖を有名にしているのが金色の彫刻「たつこ像」です。舟越保武作の像で辰子伝説の主人公ですが韓国の名優イ・ビョンホンが主演する映画「アイリス」で背景に使われた場所です。秋田県は雪景色を探していた韓国の映画スタッフの要望に快く応じロケ地に決まりました。
湖の北岸には伝説の中で辰子が竜になるきっかけになった水を飲んだ場所といわれる御座石神社があります。
これらの名所もバスなら気軽にまわることが出来ます。特に人気のたつこ像の駐車場にもバスなら駐車できます。

日本屈指の酸性温泉と北投石で有名!玉川温泉

次が田沢湖から北に35kmほど行ったところの玉川温泉です。
名前がシンプルであまり知られていないかも知れませんが、日本一が2つあるすごい温泉なのです。まず1つが日本一の強酸性の温泉だということです。Ph1.2は日本で最も強い酸性です。源泉はあまりにも肌がひりひりするので、二段階に酸性を薄めた湯船があり酸性の薄いお湯から順番に入ります。効能はなんといっても強烈な殺菌力です。昔「マタギ」が傷を治したと言われるほどのお湯です。皮膚病にも効くと言われ、入浴する人がいるそうですが、他の人に移る心配はありません。すぐに殺菌されるからです。
もう一つの日本一は一か所から湧き出るお湯の量で毎分9000リットルです。宿泊は湯治が主ですので、観光では日帰り入浴がオススメです。
それからさらに玉川温泉の名物は日本ではここにしかないと言われる北投石です。身に着けると長寿になると言われるパワーストーンで台湾では販売されていますが、日本では特別天然記念物として保護されています。

日本の秘湯ランキングで常に上位!乳頭温泉鶴の湯

そして最後が玉川温泉から田沢湖方面に戻り、田沢湖の手前で東に向かった乳頭温泉です。
温泉ファンなら誰でも知っている有名な温泉で、中でも鶴の湯の乳白色の混浴露天風呂は日本の秘湯ランキングで常に上位に入る温泉です。そして鶴の湯は宿としても有名です。黒で統一された茅葺平屋の宿舎は人気があり、部屋では囲炉裏で夕食をいただくことができます。
ここまで来るともう夕方になるでしょうし、今まで訪れたスポットの中で最も宿泊に適した場所ですので、ここで宿泊をオススメします。人数が多い場合は早めに予約が必要ですが、近くに「山の宿」という姉妹宿がありますので、そちらも利用できます。
貸切バスは一度リリースし、帰りは宿の送迎バスと路線バスで田沢湖駅に出るとリーズナブルです。

いかがだったでしょうか。秋田の観光地を厳選しました。角館駅か田沢湖駅をスタートにぜひトライしてみてください。他にも男鹿半島や泥湯温泉、そして青森と隣接している八幡平や十和田湖もすばらしい観光地ですので上手くコースを組んでみてはいかがでしょうか。

  • 無料見積はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-6880-1074

貸切バスの料金PRICE

ご利用になりたいエリアをお選び頂くと料金の目安がご確認頂けます!

PAGE TOP